About "Voces Fidelis"

   

 Voces Fidelis(ヴォーチェス・フィデリス)は、2010年1月に発足したインターカレッジ(大学を特定しない、学生によるサークル)女声合唱団で、現在は都内近郊の学生70名ほどで構成されている。 団名は、『真実の声』を意味するラテン語。世の中にある偽りに目を眩ませず、飾らない自分自身を表現することを団の理念とし、名付けられた。
 純正調の美しい響きと、女声合唱の豊かな表現の可能性を追求し、活動している。
 2010年3月、ドイツとチェコへ演奏旅行に行き、チェコ・オロモウツ宗教音楽コンクールの2部門で満点金賞を獲得。2012年3月にはイタリア演奏旅行を行い、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂にて開催された、在バチカン日本大使館主催、東日本大震災追悼・復興祈念コンサートに出演。2013年10月にジョヴァンニ・レコードより当団初のCD『Ave Maria 松下 耕 女声合唱作品集』をリリース。また2014年3月にはハンガリーに演奏旅行に行き現地の合唱団とジョイントコンサートを行った。
 2016年3月にはポーランド・ドイツ演奏旅行を行い、グダニスク国際合唱コンクールに参加。当団からは同声合唱部門にVoces Fidelis、そして室内合唱部門にはSAKURAとFUJIとして2つに分かれ、合わせて3団体出場。同声合唱部門では1位金賞を受賞。室内合唱部門ではFUJIが1位金賞を受賞、SAKURA が2位金賞を受賞。また、コンクールの最優秀グランプリとしてFUJIが選ばれた。
 また女声合唱だけでなく、インターカレッジ男声合唱団Voces Veritas(ヴォーチェス・ヴェリタス)とともにTokyo Youth Choir(東京ユースクワイア)としても活動している。毎年開催している秋のチャリティコーラスコンサートのほか、2015年は7月に東京都合唱祭に出演。松下 耕の「Ave Maria for youth choir」「Sanctus-Benedictus in G」の混声版を初演した。また2017年10月、第4回大学合唱コンペティ ション&コンベンションにてインターカレッジ部門金賞、全部門グランプリを受賞した。

→演奏の動画はこちらからご覧になれます♪
松下先生HPでも紹介していただいております♪(外部HPリンク)



About "Tokyo Youth Choir"

 

 東京ユースクワイア(Tokyo Youth Choir/略称TYC)は松下 耕が音楽監督・常任指揮者を務める「インターカレッジ女声合唱団 Voces Fidelis」と「インターカレッジ男声合唱団 Voces Veritas」の団員で構成される学生合唱団。
 アジアのみならず世界中で作曲家、指揮者として注目を浴びる松下 耕氏のもと、2011年に初のジョイントステージを実現。軽井沢国際合唱フェスティバル出演やカトリック八王子教会でのチャリティコンサート開催などの活動を行う。
 2012年には中国・北京で行われた北京国際学生合唱フェスティバルに出演し、2013年7月にアルティ声楽アンサンブルフェスティバルにゲスト団体として出演。また2017年10月、第4回大学合唱コンペティション&コンベンションに有志で参加し、インターカレッジ部門金賞、全部門グランプリを受賞した。

*TYCのあゆみ*
 2011年3月 Voces Veritas First Concertにて初のジョイントステージ
 2012年5月 中国・北京にて北京国際学生合唱フェスティバル出演
 2012年11月 東京ユースクワイア秋のチャリティコーラスコンサート開催
 2013年5月 全日本合唱普及会の新作コンサートに出演し、松下 耕、吉田峰明、大田桜子各氏の新曲を初演
 2013年7月 アルティ声楽アンサンブルフェスティバル2013にて招待演奏を行い『混声合唱とピアノのための「やわらかいいのち」』(谷川俊太郎・詩、松下 耕・曲)を初演
 2013年10・11月 BS-TBS「日本名曲アルバム」TV出演
 2014年2月 耕友会コンサートVol.7 出演
 2015年7月 東京都合唱祭にて「Ave Maria for youth choir」「Sanctus-Benedictus in G」(松下耕・曲)の混声版を初演
 2016年10月 第3回大学合唱コンペティション&コンベンションにてインターカレッジ部門金賞、全部門グランプリを受賞
 2017年10月 第4回大学合唱コンペティション&コンベンションにてインターカレッジ部門金賞、全部門グランプリを受賞

松下先生HPでも紹介していただいております♪(外部HPリンク)
Twitter

Template:Starlit